2011年01月10日

新宿

110110_0512~01.jpg110110_0510~01.jpg
5:10
定刻通り新宿到着。
東京も早朝は寒い。

ムーンライトえちごは、長岡から到着ギリギリの5時まで眠れたので満足。

これをもって、今回の寝台急行きたぐに乗車ツアーは終了。

さぁ、家に帰って寝よう(笑)

2011年01月09日

ムーンライトえちご

110109_2326~01.jpg110109_2327~01.jpg110109_2327~02.jpg110109_2329~01.jpg110109_2317~01.jpg
23:36
新潟駅発ムーンライトえちごで、新宿駅へ向かいます。

ムーンライトえちごは、青春18きっぷが利用できるので、乗車券5,460円がかなり節約できます。

その影響か車内は、それなりに埋まっています。

寝台車ではない夜行列車は久しぶりですが、座席はリクライニングできるし、揺れは往路のエアロキングに比べれば快適レベル。

不満は毛布や使い捨てスリッパがないくらい。

夜行列車なのに減光しないので、アイマスクが必須です。

格安で東京まで帰れるので贅沢は言えませんね。

新宿着は5:10の予定。
それではおやすみなさい。(-.-)zzZ

晩餐

110109_1800~01.jpg110109_1802~01.jpg110109_1822~01.jpg110109_1822~02.jpg
ライトアップされた雪景色を眺めながら、露天風呂に浸かった後は晩餐です。

新潟駅近くにある朝日山酒造が経営している「あさひ山」に行こうかと思ったら、
積雪が凄い事になってきたので中止。

温泉スパに併設のレストランで済ませました。

生ビール500円、わかさぎのマリネ520円、牛スジと大根の煮込み660円、海鮮丼1,050円。

全く期待していなかったのですが、そこそこイケました。

牛スジ煮込みは大根より冬瓜の方が旨いと思うし、海鮮丼の1/4を占めていたガリを少なくすれば尚良い。

越後桜酒造の無料試飲

110109_1300~01.jpg110109_1300~02.jpg110109_1311~01.jpg
越後桜酒造の無料試飲です。

家族連れの見学がいらしたので、試飲スペースではなく事務所で試飲。

最初の2本は、酒蔵限定の生酒。

緑色の瓶が精米歩合72%(28%だけ研磨)の清酒、 青い瓶が精米歩合50%の大吟醸。

清酒もよい香りでしたが、大吟醸は更に味がよい。

次が酒粕を麹で解いて甘味を出した甘酒。
トロトロで控えめな甘さがよい。

最後の1本は市販されている大吟醸越後桜。

精米歩合50%の大吟醸だが、加熱殺菌されているためかスッキリした味。

個人的には今代司酒造の大吟醸の方がが好み。

最後に清酒を3%加えたゼリーをいただく。
梅入りゼリーは、梅酒みたいで楽しめる。

日本酒は香り付け程度なので、お子様でも安心。

建物を建て替える前は試飲はやっておらず、
町から地元へ観光客を呼ぶために依頼されたそうな。

10年前は116あった酒蔵が、現在96にまで減少しているそうですが、これからも頑張っていただきたい。

越後桜酒造

110109_1239~01.jpg110109_1246~01.jpg110109_1247~01.jpg110109_1251~01.jpg110109_1255~01.jpg
新潟市から少し郊外にある越後桜酒造を見学。

見学開始時間は特に決まっていないので、はじめ一人で見学開始(笑)

最初に7分間、酒造り工程を解説したDVDを試聴。

次に使い捨てキャップを被り工場内部へ移動。

まずは、今代司酒造と比べて近代的な設備に驚く。

3年前までは今代司酒造のような伝統的な建物だったが、中越地震に被災して建て替えたそうな。

近代的な設備のお陰で、温度管理や重労働が減り効率的な酒造が可能になったそうです。

酒造工程は今代司酒造と同じですが、個人的には古びた雰囲気の方が好み。

最寄り駅の水原(すいばら)から徒歩20分と遠くはないのですが、電車が2時間に1本しか無く、
駅前にはコンビニはおろかキヨスクも無いので暇潰しに苦労します。

往路はタクシー移動でしたか、復路は社員さんのご好意で軽自動車で送迎してもらいました。

設備は新しくなっても、気遣いは昔のままで有り難い。

今代司酒造の無料試飲

110109_0956~01.jpg110109_1019~01.jpg110109_1005~01.jpg110109_1008~01.jpg110109_1018~01.jpg
お待ちかねの無料試飲です。
大吟醸から清酒まで10種類あります。

加熱殺菌していない生原酒や、澱を入れた濁り酒あらばしり、
正月限定の純米大吟醸白い酒などを試飲。

今代司酒造の大吟醸は精米歩合35%なので、香りが良いし味わいもズッシリして旨い。

特に正月限定の純米大吟醸白い酒は格別の旨さ。

今代司酒造

110109_0955~01.jpg110109_0923~01.jpg110109_0936~01.jpg110109_0939~01.jpg110109_0945~01.jpg
9:30
今代司酒造で酒蔵見学。

他に見学者が居ないので独り占め状態(笑)明治時代の建物は風格があります。

酒蔵タンクは純米酒に切り替えてから半分くらいしか使っていない話や、
大吟醸が精米歩合50%以下、吟醸はが60%以下という話を拝聴しました。

新潟

110109_0858~01.jpg110109_0848~01.jpg110109_0853~01.jpg110109_0852~01.jpg
8:47
定刻より18分遅れで、新潟に到着。
ヘッドマークが雪化粧されていました。

新潟はみぞれ混じりの雪。
手が悴むくらい寒いです。

寝台急行きたぐに

110108_2308~01.jpg110108_2309~01.jpg110108_2311~01.jpg110108_2316~01.jpg110108_2314~01.jpg
23:27
今回の旅の主目的「寝台急行きたぐに」で大阪を出発!

今や日本唯一の3段寝台車です。
自由席やグリーン席は結構混雑していますが、
喫煙B寝台車はガラガラ。

意外な事に禁煙B寝台車とA寝台車は混んでいました。
嫌煙家が多いようです。

今宵の宿は、喫煙B寝台車の8号車です。

3段寝台車ですが、パンタグラフ下の席だけ上段がないので、通常より広い快適空間となります。

実際に3段寝台車を間近で見ると、非常に狭くて起き上がる事すら難しい高さ。

棺桶の間違いじゃないだろうな…。

ウメチカで購入した八海山を呑んで寝よう。

ともあれ廃止される前に乗れて良かった。

2011年01月08日

串かつ 活 その3

110108_1849~01.jpg110108_1909~01.jpg
蛤の大葉巻き
鮭の海老しんじょ
計14本

最後に梅昆布茶と抹茶アイスクリームが出て終了。
生ビール×2杯込みで5,140円

去年の夏に食べた串かつは、もっとリーズナブルだったのに、
お任せだったので結構しましたね。

串かつ 活 その2

110108_1824~01.jpg110108_1826~01.jpg110108_1830~01.jpg110108_1835~01.jpg110108_1843~01.jpg
蟹爪揚げ
三つ葉と生姜の鯛巻き
カキフライ
子持ち昆布
餅磯辺揚げ
チーズのサーモン巻き
みょうがの豚腹巻き
おくらの鱚(キス)巻き
蛤の大葉巻き
小茄子の肉詰め

串かつ 活 その1

110108_1811~01.jpg110108_1814~01.jpg110108_1816~01.jpg110108_1818~01.jpg110108_1821~01.jpg
昭和35年創業の「串かつ 活」で串かつを食する。

車海老、牛ヒレ、玉ねぎ、アスパラガス。
車海老は塩を付けて頭からいただく。
揚げたてはサクサクして旨い。

牛ヒレは味わいあり、玉ねぎは熱過ぎで火傷しそう。

アスパラガスはカラシマヨネーズでいただく。
カラシを付けても旨い。

大阪到着

110108_1732~01.jpg
定刻通り大阪到着。
きたぐに乗車まで呑むぞ。

甲南SA

110108_1558~01.jpg110108_1558~02.jpg
16:00
最後の休憩ポイント甲南SAに到着。
休憩時間は10分。

ご覧の通り積雪しています。
手前の土山SAは、雪だるまを作るほど積もっていましたよ。

こんな寒さでもバイクに跨がるライダーが、2名いらっしゃいました。
頭が下がる思いです。

牧之原SA

110108_1258~01.jpg110108_1259~01.jpg
12:55
牧之原SAで10分間のトイレ休憩。
トイレ以外は、おにぎりを買うくらいしかできません。

路面状況が良い分、高速道路では縦揺れは緩和され寝むれます。

東名は混んではいるものの渋滞せず、順調に流れています。

無駄に天気がいいのが勿体無い。

足柄SA

110108_1121~02.jpg110108_1121~01.jpg110108_1124~01.jpg110108_1116~01.jpg
11:15
足柄SAで20分間の休憩。

3連休初日なので渋滞を覚悟しましたが、拍子抜けするくらい順調に流れています。

バイクで走った方が満足感があるけれど、今日くらいの寒さだと辛いな…。

そういえばバイクは非常に少なかった。

空気が澄んでいるのか、富士山が綺麗に見えます。

小腹が空いたので、金時豆とさつまいもの緑茶パン240円を食する。

金時豆とさつまいもの甘さの後に、緑茶の渋みが出てくる。
240円はちょっと高い気がする。

20分間だとトイレ以外の行動は、のんびりする余裕はないかもしれません。

横浜昼特急大阪号

110108_0843~01.jpg
8:55
横浜→大阪行きの横浜昼特急大阪号に乗車。

本来夜行バスですが、昼間に走るためリーズナブルな価格設定になっています。

座席には毛布と使い捨てスリッパがあり、ドリンクホルダー、足元には足を乗せるステップがあります。

1階席は屈まないと移動できないくらい天井が低く、発狂しそうな空間ですが、
今回は2階席の窓側なので展望良し。

路線バスや4tトラックの屋根を眺める事ができます。

3列シートなので、隣席を気にする必要もない。

ただ2階建ての影響なのか、一旦走り出すと縦揺れの振動が酷い。

本来は夜行バスなのだが、この振動でホントに眠れるのか?

町田で10名くらい乗車して、乗客は20名くらい。

横浜町田から東名に乗り、大阪を目指します。

バイクとは違った視点で景色を眺められるのが楽しい。

2011年01月07日

寝台急行「きたぐに」乗車計画

P1079699sss.jpg

1月の3連休は、寝台急行「きたぐに」乗車する計画です。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。