2010年05月15日

総括

走行距離
4/29 1,071km 横浜 → 東名→ 新名神高速道路→ 中国自動車道 → 山陽自動車道 → 博多
4/30 256km 博多 → 阿久根
5/1   214.3km 阿久根 → 知覧特攻平和会館 → JR 最南端の駅 西大山駅 → 指宿 → フェリー → 大根占(なんきゅうフェリー) → 佐多岬 → 錦江湾ユースホステル
5/2  383.1km  錦江湾 → 桜島 → 通潤橋 → 阿蘇山 → やまなみハイウェイ → 湯布院
5/3  252.8kmm 湯布院 → 豊後高田(昭和ロマン蔵) → 佐賀関港(フェリー3時間待ち) → 三崎港 → ライダーズイン雲の上
5/4  289.4km ライダーズイン雲の上 → 喫茶店ON&OFF → 岩間沈下橋 → 三里沈下橋 → 佐田沈下橋 → 室戸
5/5  876.3km ライダーズイン室戸 → 室戸岬 → 南国IC → 坂出JCT → 瀬戸大橋 → 神戸 → 新名神 → 伊勢湾道 → 東名 → 横浜町田IC
----------------------------------------------------------------------
合計 3,342km
続きを読む

2010年05月06日

7日目まとめ

100506_0439~01.jpg100506_0439~02.jpg100505_2035~02.jpg100505_2035~01.jpg
最終日の7日目は、ライダーズイン室戸→室戸岬→南国IC→坂出JCT→瀬戸大橋→神戸→新名神→伊勢湾道→東名→横浜町田ICの876.3kmでした。

所有時間は約13時間でした。
観光は室戸岬だけで、後は帰るだけのスケジュール。

高速1,000円が最後なので、渋滞の連続を覚悟していましたが、結果的に渋滞予想は外れました。

結局、渋滞らしい渋滞に遭わなかったです(笑)

高速1,000円最後のチャンスなので、今までの経験上皆さん早めに帰路に着いた事が原因でしょう。

3月3連休の沼津→横浜町田間の渋滞50kmが、嘘のような流れでしたよ。

ただ翌日から仕事はキツイので、やはり予備日を設けた方が賢明な判断だと思います。
--

2010年05月05日

横浜町田

100505_1942~01.jpg
渋滞らしい渋滞に遭う事なく、ゴールの横浜町田に到着。

刈谷ハイウェイオアシスのガソリンスタンドの店員によると、昨晩と今朝が混雑のピークだったそうな。

やはり皆さん、予備日をちゃんと計算していらっしゃる。

因みに明日から仕事です(泣)

--

駒門PA

100505_1850~02.jpg100505_1850~01.jpg
渋滞知らずだったので、伊勢湾道の刈谷ハイウェイオアシスから、一気に駒門PAまで来ました。

毎年GWツーリングでは、何らかの理由で必ず立ち寄るハメになります。
今年はMP3プレーヤーの電池切れでしたが、売店が営業中に立ち寄ったのは初めてかも。

あと一息でゴールです。

--

刈谷ハイウェイオアシス

100505_1614~01.jpg100505_1611~01.jpg
伊勢湾道をスイスイと通過。
渋滞がないのが不思議なくらい。
そのかわり東名で凄い渋滞になっています。

とりあえず東名に合流する前に給油します。
--

土山SA

100505_1510~01.jpg100505_1500~01.jpg
伊勢湾道が予想より渋滞していないので、新名神へ突入。
今のところ10kmを越える渋滞はありませんが、

先程まで通過していた中国自動車道で長い渋滞が発生しています。早めに出発して良かったです。

往路と同じ店で同じメニューの昼食にしました。
写真は使い回しじゃないですよ(汗)

--

順調

100505_1306~01.jpg100505_1306~02.jpg
サービスエリアは混雑しているものの、
高速道路は低速ながら、順調に流れています。
伊勢湾通過までもって欲しい。
--

四国脱出

100505_1052~01.jpg100505_1053~01.jpg
瀬戸大橋で四国脱出しました。
渋滞情報によると、まだ渋滞は始まっていないらしい。
伊勢湾道路まで早く通過するに限る。
--

モーニング

100505_0906~01.jpg100505_0852~01.jpg
高知に向かう途中、HONU(ホヌ)という喫茶店でモーニング500円を食する。

なかなか美味い。
珈琲と一緒に味噌汁がついたのは笑った。
--

室戸岬

100505_0731~02.jpg100505_0734~01.jpg100505_0731~01.jpg
せっかく近くまで来たので、室戸岬に来ました。
あまり見所がなく残念。

これから高知経由で瀬戸大橋に向かいます。
--

6日目まとめ

100504_1838~01.jpg100504_1843~02.jpg100504_2131~01.jpg100504_2227~01.jpg100504_2139~01.jpg
6日目は雲の上→喫茶店ON&OFF→岩間沈下橋→三里沈下橋→佐田沈下橋→室戸の289.4kmでした。

今日の宿はライダーズイン室戸です。
設備はライダーズイン雲の上とほぼ同じ。

違いは玄関に靴脱ぎ場があり、室内に小さい机があり、シャワーにスノコが敷いてあるくらい。

管理人は16:00〜20:00までしか常駐していないので注意。
近くに銭湯の類いはないので、シャワーしか使えません。

今日の宿泊客はイギリス人3名とV-MAX乗りの兄ちゃん、R1100Sのおっちゃん。

昨日までは満室だったそうだが、さすがに連休明け近くになると空室になるようです。

イギリス人とは談話室で仲良くなり、そのままV-MAX乗りの兄ちゃんと宴会突入。

イギリス人はダク、ジェームズ、エリックで、職場は近くだがガイジンドットコムで交流しているそうな。

エリック以外は日本語が多少話せたので、はじめの中学1年レベルの英語でも何とか意思疎通できました(笑)

スズキのジェベルのGPSバージョン(97年式くらい)の古いGPSを初めて見ました。

緯度経度ど方向のみを示す簡単なGPSですが、モードを切り替えると一般道や高速道なども漢字で表示されるので機能はまだある様子。
問題はオーナーが漢字読めないので意味がない点(苦笑)

また日本国内しか使えず、日本で購入して中国経由でイギリスへ自走したら、全く機能しなかったそうな。

…というか、イギリスへ自走した話の方が凄い!
一番面倒臭いのはビザだそうです。

あとエリックはF800GSも所有していて、ボクサーエンジンにも詳しい。

ボクサーエンジンはエンジンオイルとミッションオイルがセパレートされているので、自動車用のオイルを入れても問題ないとの事。
イギリスでも実証済みなら安心だ。

ドカティもドライクラッチなら自動車用オイルが使えるが、ウェットクラッチだとクラッチが滑るそうです。

色々な事をしているなぁ〜。

バイク乗りの女性は、男目当てが多く、男ができるとバイクを降りてしまうと嘆いていましたよ。

エリックはノートPCにMacOSとXPのデュアルブート環境にして、マップソースで、明日のルートを設定してました。

ガイジンネットワークで淡路島は25kmの渋滞だったそうな。
こりゃ淡路島は避けた方がよいな。

日本人なのに日本の道路事情を、イギリス人から教わるのってどうなんでしょ?(笑)

--

2010年05月04日

土佐の釜玉

100504_1640~01.jpg100504_1633~01.jpg
ふらりと立ち寄った土佐のダイソー野市店の向かいにある「土佐うどん源水」という店で、釜玉380円を食する。

宮高1号という小麦を使ったうどんはいいが、汁がやたら甘い(>_<)

卵は土佐ジローという地鶏の卵。
味は良いのですが、サイズが少し小さいのが欠点かも。

--

鰹たたき

100504_1435~03.jpg100504_1435~02.jpg100504_1435~01.jpg100504_1438~01.jpg100504_1440~01.jpg
道の駅 かわうその里すさきで、鰹のたたきの実演販売をやっていたので、鰹のたたき500円を食する。

鰹と玉ねぎ、ニンニク、ネギがよく合っており美味い。

注文してから藁の凄い火力で一気に焼き上げるので、パフォーマンスと分かっていても見応えあり。

それにしても土産は、龍馬の名前がない品を見つける方が難しいくらい、龍馬グッズで溢れていますよ。
--

佐田沈下橋

100504_1221~01.jpg100504_1221~02.jpg100504_1222~01.jpg
佐田沈下橋です。
道幅が比較的広く、沈下橋の中でも珍しく、車のすれ違いができます。
有名な沈下橋となると観光客が多いです。
--

三里沈下橋

100504_1203~01.jpg100504_1158~01.jpg100504_1203~02.jpg100504_1207~01.jpg
12:00三里沈下橋に到着。
天気がよいので、写真を撮りまくり。
渡し船がありましたよ。
--

岩間沈下橋

100504_1046~01.jpg100504_1047~01.jpg
岩間沈下橋に到着。
手摺などは全く無い橋なので、渡る際には緊張します。
GWなので人が多いです。
--

喫茶店ON&OFF

100504_0900~01.jpg100504_0923~01.jpg100504_0921~01.jpg100504_0911~01.jpg
ライダーの溜まり場として有名な喫茶店ON&OFFでモーニングを食する。

ふわふわのオムレツ、マカロニサラダ、サラダ、トーストで500円です。
珈琲も1杯ずつ入れて本格的。

この喫茶店は、6年前に通りすがりのライダーから教えてもらい、立ち寄りました。

マスターに6年前に訪問した事を伝えると、当時の写真は全て保管しているとの事。

アルバムを開くと、ドカティST3と一緒に写る6年前の自分の姿がありました!

当時はスピード重視だったのに、今や殿様ポジションのGSでまったり走るとは、思ってもみませんでした。

日付は2004年5月4日なので、丁度6年前ですね。
予想外の再会(?)に感動。

この後、徳島でネズミに捕獲されて、しょんぼりして帰路に着いた苦い思い出があります(笑)

店内に貼られている写真には、HP2Sportやメガモトもありましたよ。

最後にご主人は、クラッグを振って見送ってくれますよ。


--

5日目まとめ

100503_2227~02.jpg100503_2113~01.jpg100504_0803~01.jpg100504_0746~02.jpg100504_0746~01.jpg
5日目は湯布院→豊後高田(昭和ロマン蔵)→佐賀関港(フェリー3時間待ち)→三崎港→ライダーズイン雲の上の252.8kmでした。

豊後高田の昭和時代を再現した街並みにすっかり魅了され、時間が経つのを忘れました。

時間が経つのは、あっという間といいますが、現実に引き戻してくれたのが、佐賀関港でのフェリー3時間待ちです。

予約できないとはいえ、去年は5/1に難なく乗船できたので、今年の混雑ぶりは予想外でした。

時間が経つのが、こんなにも遅いとは知らなかった(苦笑)

三崎港に到着してからはノンストップでライダーズイン雲の上へ。
結局2時間半かかりました。

日が暮れてから遅刻すると、ナビが無い時代は自分が何処にいるのか、本当にこの道でいいのか不安だらけでしたが、今回はナビで現在地と到着予想時刻が把握できるので、全く不安になりませんでした。

気晴らしにMP3プレーヤーで音楽を聞けば尚良し。

ライダーズイン雲の上は、ライダーハウスですが個室です。

8畳位のフローリングにトイレ、洗面台、簡易シャワーがあります。

石鹸、シャンプー類はありませんが、殆どの宿泊者が歩いて5分の雲の上温泉500円(レンタルタオル別料金)に行くので関係ないかもしれません。

雲の上温泉はシャンプー類や剃刀、ドライヤーも完備。

ただ街灯が全く無く、日が暮れてから行くには、懐中電灯が必須です。

あとは個室毎に水道が用意されているので、好きな時に洗車ができます。

布団は別料金で1,500円315円。
予約時に利用する旨を伝えておけば、部屋に運んでおいてくれます。

今回は貸し布団込みで、3,460円でした。

--

2010年05月03日

佐田岬

100503_1845~02.jpg100503_1850~01.jpg
四国の佐田岬の脇を通過。
未だ自分の足では到達出来ず。
リベンジせねば!


--

予想外

100503_1443~01.jpg100503_1443~02.jpg100503_1527~01.jpg
14:30
佐賀関港に到着。

15:00出航のフェリーに乗り、四国の佐田岬経由で、ライダーズイン雲の上へ行く予定でした。

ところがフェリー乗り場には、乗船待ちのバイクでいっぱい(汗)

去年のGWは、ガラガラだったのに何故?

係員曰く、乗船待ちが多くて早くても18:00の便になる様子(大汗)

ライダーズイン雲の上のチェックインは、20:00までだか間に合うか?

佐賀関港→三崎港までは70分間かかるので、18:00出航として順調に進んで19:10三崎港着。

ライダーズイン雲の上へは2時間でも厳しいので、確実に間に合わない(滝汗)

…どうしましょ(>_<)

オレンジフェリーなど他のフェリー会社に電話すると、当日予約は受付ておらず、直接フェリーターミナルに行き、先着順に乗船する方式になるそうです。

ただバイクの乗船待ちが多いのは何処も同じらしい…。

今なら佐賀関港18:00出航の便に乗船できるが、八幡港まで行くと今日中の四国上陸すら危うい状態…。

とりあえずライダーズインに電話して、事情を説明してみました。

偶然、今日宿泊予定のライダーの中にも、佐賀関港からのフェリーで遅くなるライダーがいるので、
22:00までに到着すればよい事にしてもらいました。

因みに三崎港からライダーズイン雲の上までは通常2時間半、夜間だと3時間はかかるそうです。

佐田岬行きは今年も断念となりましたが、四国上陸&ライダーズイン宿泊ができてよかった。

去年は5/1に何事も無く乗船できたので油断していました。

また九四フェリーは、去年に続いて鬼門だと再確認しましたよ。

18:00まで昼飯食べてたり、他のライダーと話していますが暇っス。

おまけにフェリーが出航する度に、順番待ちのバイクを移動させる必要があるので、ほったらかしにして観光もできず、貼り付いていないといけないのは苦痛〜。

国道代わりのフェリーで3時間も待つとは思いませんでした。

佐賀関港はバイクの予約は受付ておらず、GW期間中はバイク難民で混雑するそうです。

1便あたりバイクは8台しか積めません。


GW期間中に予約なしでフェリーに乗船する際は注意しましょう。
(一昨日、予約なしで乗船しましたけど(笑))

--
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。