2008年06月02日

スカイツーリング トライアル(搭載可否検査)

MEMO0014s.jpg

スカイツーリングのトライアル(搭載可否検査)を受検してきました。

スカイツーリングとはバイクを飛行機に搭載して、
ライダーも同じ便で北海道へ行くパッケージツアーです。

一番の難関が自分のバイクがコンテナに搭載できるか否かです。
そのため事前にバイクを搭載できるか確認する必要があります。
それがトライアル(搭載可否検査)です。



まずバイクを固定するスリット(バイク固定用台座)が3種類あります。

スカツースリット(バイク固s.jpg

1.オレンジ ・・・250ccのオフ車などの小型用スリット(バイク固定用台座)
2.ブルー  ・・・一般車向けのスリット(バイク固定用台座)
3.シルバー ・・・BMW専用のスリット(バイク固定用台座)

余程の事がない限りブルーのスリット(バイク固定用台座)を使用します。


搭載コンテナは3種類。
スカツーコンテナサイズ比較-.jpg

1.230(ニイサンマル)コンテナ・・・小型機搭載用コンテナ(小)
2.LD-4(B6(ビーロク))コンテナ・・・通常搭載用コンテナ(大)
3.LD-11(B4(ビーフォー))コンテナ・・・BMW専用コンテナ(特大)

●LD-4(B6(ビーロク))コンテナの搭載例
スカツーB6コンテナss.jpg

●LD-11(B4(ビーフォー))コンテナの搭載例
スカツーB4コンテナss.jpg

K1200Sの時は、往路は羽田からBMW専用の銀のスリットに搭載し、
大型のB4(ビーフォー)コンテナに格納しました。

復路は中標津から一般用の青いスリットに搭載し、
中型のB6(ビーロク)コンテナに格納しました。

ところがR1200GSの場合、カタログスペックで車幅が
オーバーしてしまいます。

今までの経験上、ANAセールスの話は当てにならないので、
ANA貨物に連絡してトライアル(搭載可否検査)を
受検することにしました。
要するにやってみないと判らない。

ANA貨物にR1200GSを持ち込んで判った事。
スカイツーリングの規定サイズではOKのハズだった車高が
実際にB6コンテナでは高すぎて搭載できない。
(車幅はOKでした)

スカツー02ss.jpg

スカイツーリングの規定サイズでは145cmまでOKでしたが、
実際に計測するとコンテナの高さは143cmしかない。
スリットの高さを考慮すると、実際には130cmくらいがギリギリ。

B6コンテナ高さ.jpg

B6コンテナに格納する際に、R1200GSのスクリーンとミラーが
接触してしまいます。

B6コンテナ高さ2.jpg


B6コンテナに格納する際に、R1200GSのスクリーンとミラーを外し、
ナビは手前に倒します。

MEMO0025s.jpg

これでB6コンテナに搭載できました。

MEMO0031s.jpg

フロント
MEMO0026s.jpg

リア
MEMO0031s.jpg

アンダー
MEMO0037s.jpg

タンク上部
MEMO0028s.jpg

規制サイズではNGだった車幅ですが、実際には余裕がありました。

MEMO0035s.jpg

ANA貨物の方々も「どんな基準でサイズを決めているんだ?」と
首をかしげていました。
ANAセールスは現場(ANA貨物)の意見聞いてるのか?

B6コンテナ搭載は復路の中標津発ですが、
往路の羽田発はコンテナに搭載せずに
パレットに搭載する事になりました。
スカツーパレットss.jpg

これで往路はミラーとスクリーンを外す必要がなくなりました。

BMW専用の銀のスリットはパレット(大きな台座)に
1台分しか搭載しませんが、一般用の青いスリットは
パレットに最大4台は搭載できるそうです。

スカイツーリングの支払いはクレジットカードは一括のみ。
(2回払いは不可)
申込金のみカードで支払って、残金を振り込みなら可能。
銀行振込も一括か申込金+残金しかない。

11万円の支払いをクレジットカード一括で、
払える人間が何人いる思っているのか?

せめて2回の分割支払いを認めて欲しい。
一括で払えない人は利用しちゃダメですか・・・。○| ̄|_


この記事へのコメント
スカイツーリングも興味あったんで
大変参考になりました。
ミラーとスクリーン外すのはちょっと面倒ですね。
ガソリンは抜く必要がありますか?

私は日本通運の「走海バイク」を利用して
船でバイクを輸送します(^-^)
Posted by りゅー at 2008年06月02日 09:44
あれ、R1200GSなんてなメジャーなバイクでも
トライアルが必要なんですね。
R1200GSだったら需要的には大きいだろうから、OK/NGは既に判っているもんだとおもってました。
案外、テキトーなんですね。

TDM900で使った時は、サイズに余裕があったせいかは不明ですが、トライアルなしで一発勝負でOKでしたけどね。
Posted by チャッキー at 2008年06月02日 22:55
>りゅーさん
ガソリンは空港近くの指定されたスタンドで抜きますよ。
迷子になるとガス欠の危険あり(笑)

B6コンテナでも、K1200Sはそのまま
搭載できましたが、GSは面倒くさいです。

素直に羽田→新千歳便にしておけば、
要らぬ心配なのですが、スカイツーリングの
利点である地域空港(稚内、中標津)が
使えないのは痛いです。

>チャッキーさん
羽田→新千歳便は搭載実績がありますが、
地域空港(稚内、中標津)はコンテナに
搭載する必要があるので、トライアルを受検しました。

まだURLをお知らせしていないのに、
このブログを見つけるとは凄い嗅覚!(汗)

2名程、K1200Sのオーナーさんが
GSへ乗り替えたらしいですし、
チャッキーさんもボチボチいかがですか?( ̄▽ ̄)
Posted by はじめ at 2008年06月03日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヒッチメンバーとサイドパニアラック
Excerpt: 昨年の事故によってヒッチメンバーが曲がってしまい、新しいヒッチメンバーが届いていたのにも関わらず、なかなか作業ができず本日まで放置...
Weblog: 趣味の箱 2.5
Tracked: 2010-04-03 23:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。