2008年04月03日

【リコール:外-1477】 BMW R1200GS/GS-Aに後部灯火器の不具合



まだ納車すらしていないのにリコールです。○| ̄|_
まぁ、ヤミ改修されるよりマシです。


ファーストスロットには不具合がつきものですし、
K1200Sで散々不具合に泣かされたので平気です・・・。('A`) 

LEDのテールランプには期待してたのに残念です。


BMW R1200GS-AおよびR1200GSのテールランプの配線に不具合があり
最悪の場合つきっぱなし、もしくは点灯しないという可能性が
あるそうです。

リコール届出日
平成20年4月2日

リコール届出番号
外-1477

リコール開始日
平成20年4月3日

不具合の部位(部品名)
灯火装置

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は 性能の状況及びその原因
後部灯火器(尾灯、制動灯)の製造工程において、配線が損傷したものがある。
そのため、最悪の場合、後部灯火器が点灯したままの状態、または点灯しなくな る状態になるおそれがある。

改善措置の内容
全車両、後部灯火器を良品と交換する。

不具合件数
0件

事故の有無
0件

発見の動機
ドイツ本国からの情報による。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
・使用者:ダイレクトメールで通知する。
・自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
・対策実施済車には、シート下のフレームに外-1477を貼付する。

車名 型 式 通 称 名 リコール対象車の車台番号(シリアル番号)の 範囲及び製作期間 リコール対象車の台数 備考
R1200GS-A  WB10303098ZU06303 〜 WB10380008ZU49169
平成19年10月29日 〜 平成19年11月12日 200台

R1200GS  WB10581A58ZU42588 〜 WB10303068ZU06839
平成19年10月29日 〜 平成19年11月12日 200台

(2型式) (2車種) (製作期間全体の範囲)
平成19年10月29日 〜 平成19年11月12日 400台

【注意事項】
リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

<出典元>
http://www.mlit.go.jp/jidosha/recall/recall08/04/recall04-022.html



R1200GS-A 200台
R1200GS  200台
という事は、初回限定車のすべてが対象?

そうすると対象期間が、平成19年10月29日 〜 平成19年11月12日
なのでいつ頃製造されたか判ります。

3月〜4月納車なのに結構前に製造されているんですね。
(船便で輸送されるので当然ですが・・・)

リコールが出ると色々判るものです。

[リコール] BMW R1200GS/GS-Aに後部灯火器の不具合
http://bmw.jugem.cc/?eid=8488


posted by はじめ at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | R1200GS トラブル履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
親父がリコールとかすぐにわかるところの勤めてて、速攻突っ込まれました。お前のは大丈夫か?と、ま、工業製品なんで不具合あっても(即命にかかわらなければ)別に良いですけど、問題は対応ですね。そこがユーザーにとって一番気になるところ。今日ディーラーに行くのでさりげなく対応を見てみよう。。
Posted by spooky_tourer at 2008年04月06日 10:33
納車時に「申し訳ないのですが〜」と
リコールを伝えられました。
個人的には完璧なものなど無いと思ってますので、
早めの発表をお願いしたいです。
Posted by はじめ at 2008年04月07日 06:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。