2008年03月17日

ガラスコーティング CR-1施工

業者様の確認が取れました。
ポイントは濡れたら拭き取る事です。(2008/03/21確認)


ガラスコーティング CR-1を施工することにしました。

施工先は 厚木のポリッシュワークスさんです。

P1000192s.jpg
当初、(株)山城 CR事業部に依頼する予定でしたが、
既に施工予約でスケジュールが満杯でした。
(株)山城 CR事業部が満杯でも、地方に行くと空きがある傾向にあるそうな。

ボクサーエンジンは汚れが焼きいてしまうので、
カウル車と違いコンパウンドで研磨しても落ちないらしい。
新車での施工を奨められました。

そこでディーラーに相談すると、DUCATIつながりで納車前に
ポリッシュワークスさんに搬入してもらえることになりました。
(ディーラーでもまだ2人目。施工者曰くリピーターが多いそうです)

P1000187s.jpg
到着するとR1200GSを洗車中でした。
モトコルセの車両も施工したりして人気のお店のようです。

P1000190s.jpg
洗車後、24時間自然乾燥させてCR-1溶液を吹き付けるそうです。
今回は[新車][フルコース]で、3回吹き付けてもらう予定です。

R1200GSはシートだけ取り外して施工しますが、
黒いプラスチック部分は施工しません。

驚くことにスポーク車は、一本ずつ手塗りで施工するそうです。
そのためスポーク車は+8,000円割高。

ブログのネタ用に施工中の写真撮影をお願いし、
データはCD-Rでもらう事になりました。

絶対に水に濡らしていけないのは24時間ですがが、
施工後2週間は水に濡らすと白濁化します。 ← 2008/03/21 確認済
濡れたら拭き取る事。放置するとシミの原因になります。

<2008/03/22追記>
>施工後2週間は水に濡らすと白濁化します。
前回3年前に施工した際に、何度も念押しされていたので
定説と思っていましたが、実際には白濁化の危険はなさそうです。
ただ濡れて放置するとシミの危険があるので、濡れたら拭き取る必要があります。
この場を借りて、訂正と謝罪をさせていただきます。


業者様からご指摘を受けたので訂正します。

[修正前]
施工後1ヶ月間は皮膜の硬化中なので傷を付けたり
汚れたままにしてはいけないそうです。

[修正後]
施工後2週間から1ヶ月の間は、皮膜の硬化中なので傷を付けたり
汚れたままにしてはいけないそうです。
この期間に濡れる分には問題ありません。



業者様のコメント
施工後24時間は濡らすことは厳禁で、この間に多量の水分を与えると白濁する恐れがあります。

2週間から1ヶ月というのは完全硬化までの時間であり、この間に濡れることは問題ありません。

ただし、シミ等がつきやすくなるので乾燥する前に
拭き取ることをお勧めします。


<スケジュール例>
4月1日に施工完了したと仮定してシミュレーションしてみました。

4/1 施工完了(水濡れ危険)
   (期間:24時間 4/1のみ、
    状態:濡れた瞬間に気づきすぐに拭き取れば大丈夫。
       何時間も放置すると白濁したり、硬化不良をおこす可能性があり。
    対処方法:すぐ拭き取る)

4/2 硬化開始(水濡れ注意)
 (期間:およそ1ヵ月 4/2〜4/29、
    状態:基本的には濡らさない事をお薦めしますが、
       濡れた事による直接の弊害はありません。
       ただ、放置するとシミの原因になりやすいです。
    対処方法:濡れたら放置せず拭き取る)

4/30 硬化完了(水濡れ完全解禁)
   (期間:施工完了から1ヵ月後 4/30〜約10年間、
    状態:水に濡れてもOK、濡れた後放置するとシミになる可能性あり。
       但し雨によるシミは未施工車と比べると格段に付きづらくなる。
    対処方法:定期的なメンテ)


3年前に施工したk1200SのCR-1がどれだけ剥がれているか
確認してもらおうとしましたが、非常に薄い被膜なので
目で確認できないとの事。
さらに薄い被膜なので、コンパウンドで研磨すると剥がれてしまいます。

金曜日の夕方に搬入されましたが、まだエンジンがかからない状態。
3月末にディーラーへ戻り、納車整備するので納車は4月中旬。

シートは皺がよった状態のままだったので、店長に確認すると
オーダー中だがR1200GSのパーツ自体が品薄で納品まで時間が
かかるとのこと。

最後にCR-1の良い点は実際に施工して体感してもらうとして、
ネガティブな情報を列挙しておきます。
(2005年にK1200Sへ施工した際の情報です)


・施工後2週間は水に濡らせない。
 水に濡れると白濁化して2度と取れません。
 拭いても無駄。
 物理的に削るしかないです。(有償)
←2008/03/21確認済

・施工費用が高額。
 手間暇&お金がかかります。
 どの程度で妥協するかが問題です。



↑ [フルコース]+[カウル脱着]
↑ [フルコース]
↑ [スタンダードコース]
↓ [外装コース]
↓ [ホイールコース]



・施工に時間がかかる。
 施工に最低1週間かかります。(預かり)
 代車はないので自力で帰る手段が必要です。

・予約が困難
 施工業者が少なく予約が困難です。(2〜3ヶ月待ち)
 さらに施工業者まで遠いです。

・施工業者による下地処理が必要。
 格安のCR-1 PERSONALがありますが、
 下地処理しないと効果は微妙です。
 ただし下地処理の効果は絶大!

・施工業者の質
 全国同一基準と謳ってますが、正直わかりません。
 もし山城 CR事業部(東京都足立区)に行けるなら
 そこが総本山なので施工をオススメします。


[施工作業の様子]
P1030004s.jpg

P1030005s.jpg

P1030006s.jpg

P1030007s.jpg

P1030008s.jpg

P1030009s.jpg

P1030010s.jpg


posted by はじめ at 02:17| Comment(6) | TrackBack(0) | R1200GS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガラスコーティング頼みましたか!!自分はしばらく乗った後でいいやと思って後回しにしました。汚れが焼きついたら……まぁ仕方ないかな。。エンジンの樹脂カバー部分は汚れるし落ちないしで結構気になりますね。
Posted by spooky_tourer at 2008年03月17日 12:49
spooky_tourerさん、こん○○は。
専門家3名の奨めもあり、施工に踏み切りました。
焼きつきは想定外でしたが、樹脂パーツは施工できないので、
どうしようもないです。(-_-;)
Posted by はじめ at 2008年03月18日 06:55
こん○○は、はじめさん。
先日はわざわざお越しいただきご苦労様でした。
GSはただ今着々と施工中ですので仕上がりを
お楽しみにしていてください。
それはさておき掲載中のコメントを1点訂正してい頂きたくお邪魔しました。
施工後24時間は濡らすことは厳禁で、この間に多量の水分を与えると白濁する恐れがあります。
2週間から1ヶ月というのは完全硬化までの時間であり、この間に濡れることは問題ありません。
ただし、シミ等がつきやすくなるので乾燥する前に
拭き取ることをお勧めします。
完全硬化するまではシミや傷がつきやすいので
できれば濡らしたり汚れたままにしない方が
良いですよということですね。
誤解を招くご説明で申し訳ありませんでした。
Posted by pw at 2008年03月18日 23:27
この度はお世話になっております。

まさか当方のブログをご覧になっているとは、
予想だにしていませんでした。

ちょっと頭が混乱しているので確認させてください。

Q1:
>施工後2週間は水に濡らすと白濁化します。
前回施工した際に、施工後2週間は水に濡らすと
白濁化すると聞いたのですが、間違いありませんか?
(濡らしてもすぐに拭き取ればOKと聞いたような・・・)

Q2:
施工後のスケジュールとしては下記のように認識
していますが、間違いがあればご指摘ください。

一応、水濡れ厳禁 → 水濡れ禁止 → 水濡れ解禁 → 水濡れ完全解禁と、
ランク分けしたつもりです。

<スケジュール例>
4月1日に施工完了したと仮定してシミュレーションしてみました。

 4/1 施工完了(水濡れ厳禁)
   (期間:24時間 4/1のみ、状態:水に濡れるとNG、
    対処方法:水に濡れたらすぐ拭き取ってもNGなので再施工)
    ↓
 4/2 硬化開始(水濡れ禁止)
   (期間:2週間 4/2〜4/15、状態:基本的に水に濡れるとNG、
    対処方法:水に濡れたらすぐ拭き取ればOK)
    ↓
 4/16 硬化完了(水濡れ解禁)
   (期間:さらに2週間 4/16〜4/29、状態:水に濡れてもOK、
    対処方法:水に濡れたら放置するとシミの危険あり直ぐ拭き取る)
    ↓
 4/30 完全硬化完了(水濡れ完全解禁)
   (期間:施工完了から1ヵ月後 4/30〜約10年間、状態:水に濡れてもOK、
    対処方法:水に濡れたら放置してもシミの危険無し)

よろしくお願いします。<m(__)m>

Posted by はじめ at 2008年03月19日 00:58
こんにちは、はじめさん。
上記質問への回答です。
多少認識違いしている部分がありますね。
以下ご確認ください。


Q1:
>施工後2週間は水に濡らすと白濁化します。
前回施工した際に、施工後2週間は水に濡らすと
白濁化すると聞いたのですが、間違いありませんか?
(濡らしてもすぐに拭き取ればOKと聞いたような・・・)

A1:間違いです。施工後24時間以上経過していれば、濡れてもまず白濁するような事はありません。(一般使用状況下において)
他のお客様で施工後1日後に納車してその帰りに
雨に降られたという方がいますが、そのような問い合わせやクレームはございません。

Q2:
施工後のスケジュールとしては下記のように認識
していますが、間違いがあればご指摘ください。

一応、水濡れ厳禁 → 水濡れ禁止 → 水濡れ解禁 → 水濡れ完全解禁と、
ランク分けしたつもりです。

<スケジュール例>
4月1日に施工完了したと仮定してシミュレーションしてみました。

 4/1 施工完了(水濡れ厳禁)
   (期間:24時間 4/1のみ、状態:水に濡れるとNG、
    対処方法:水に濡れたらすぐ拭き取ってもNGなので再施工)

※実際には試した事がないので分かりませんが
濡れたその瞬間から化学変化を起こす事はないと
思われます。濡れた瞬間に気づきすぐに拭き取れば大丈夫と思われますが、何時間も放置すると
白濁したり、硬化不良をおこす可能性があります。
    ↓
 4/2 硬化開始(水濡れ禁止)
   (期間:2週間 4/2〜4/15、状態:基本的に水に濡れるとNG、
    対処方法:水に濡れたらすぐ拭き取ればOK)

※基本的には濡らさない事をお薦めしますが、濡れた事による直接の弊害はありません。ただ、放置するとシミの原因になりやすいです。

    ↓
 4/16 硬化完了(水濡れ解禁)
   (期間:さらに2週間 4/16〜4/29、状態:水に濡れてもOK、
    対処方法:水に濡れたら放置するとシミの危険あり直ぐ拭き取る)

※基本的には濡らさない事をお薦めしますが、濡れた事による直接の弊害はありません。ただ、放置するとシミの原因になりやすいです。
    ↓
 4/30 完全硬化完了(水濡れ完全解禁)
   (期間:施工完了から1ヵ月後 4/30〜約10年間、状態:水に濡れてもOK、
    対処方法:水に濡れたら放置してもシミの危険無し)

※残念ながら放置してもシミの危険性無しという訳にはいきません。ただ、雨によるシミは未施工車と比べると格段に付きづらくなります。しかしご存知の通り水道水によるしみはどうしてもついてしまいます。自動車の窓ガラスにも鱗状のしみが付く事を想像して頂ければ分かると思います。

私ども施工店はお客様に納車する際には最低でも
施工後24時間以上経過している事を前提に日程を組み立てておりますので、お客様の手元に車両が届いてからちょっと濡れたくらいで何らかの
化学変化を起こして対処不能になるような事は
ないと考えて頂いて構いません。
ただ、納車後2週間〜1ヶ月は少し気を遣って
メンテして頂ければ、より良い状態を保てますと
いったご案内をさせて頂いております。
時として私どもの説明が過敏にお客様の恐怖心を
あおり、このような認識違いを生み出してしまうことがあること、大変勉強になりました。
どうかご安心ください。
簡単に言うと施工後、完全硬化までの約1ヶ月間は、
濡らしたり汚れたままにして放置するのは極力
避けて下さいということです。もちろん完全硬化後もそのような状態を長期維持する事をお勧め致します。
Posted by pw at 2008年03月21日 17:20
ご回答ありがとうございました。
大変参考になりました。
口頭よりも文書で回答していただくと
信頼性が増しますね。
本文も修正させていただきます。
Posted by はじめ at 2008年03月22日 08:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。