2011年05月15日

チャリティーモーターサイクルショー

110515_1054~01.jpg110515_1125~01.jpg110515_1136~01.jpg110515_1539~01.jpg110515_1548~01.jpg
お台場で急遽開催されたチャリティーモーターサイクルショーに参加してみました。

入場無料とあって凄い混雑。
人気車種は試乗予約すらできない有り様(汗)

試乗できずとも跨がる事はできたので足付きレポート。

●K1600GTL
足付きは踵まで足裏全体が、地面にべったり接地する。
ポジションもアップハンドルなので、前傾姿勢が不要。
重量さえ気にしなければ、ペタペタ移動もできるくらい。

●VT1300CX(試乗あり)
両足踵までベッタリ地面に接地。
前傾姿勢もキツくない

試乗すると、まずフォワードコントロールに戸惑う。
やはり直線番長で小回りが効かない。
全体的にトルクがあるが、低速トルクは薄目。
下手にパワーがあるので、コーナーリングには慣れが必要と感じた。

●バンデット1250F(試乗あり)
足付きはNinja1000と同等。
前傾姿勢もキツくなく緩やか。
ステップが大き過ぎで邪魔。
クラッチが重い気がする。

実際に試乗すると低速トルクもあり、滑らかに走り出す。
2速に入れても振動少なくストレートに伸びる。
減速してコーナーに入ると、もたつく感じがあるが、トルクがあるのでフォローがきく。
カウル付きなので、横風の影響をモロに受ける弱点あり。
バランスも良く買いだと思う。

●Ninja1000(試乗あり)
足付きは爪先まで地面に接地する。
前傾姿勢も比較的緩い(15°程度)
シートが硬い気がする。
バンデット1250Fと同じくらい快適。

試乗すると、まず排気量の割りに低速トルクがある事に驚く。
ストレート伸びもバンデットに負けていない。
コーナーリングは文句の付けようがない秀逸の出来。
今日試乗したバイクの中では一番良いバイク。

●YZF-R1(試乗あり)
足付きは両足爪先立ち。
拷問のような前傾姿勢を強いるバイク。
クラッチは重いし、3,000rpm以上回さないとまともに使えない。
リアブレーキは予想より効いた。

係員に1速しか使わないように指示されたが、狭い周回コースでは2速に入れる余地なし(笑)

●V-MAX
オプションパーツ満載のV-MAXも展示されていました。

ノーマル仕様がシート高775mmなのに対し、ローダウンキットを入れて30mmダウンさせている。

逆輸入版は足付きがバレリーナ状態だったが、ローダウンキット版では無理すれば両足ベッタリ接地する。

これなら欲しいなぁ。


posted by はじめ at 16:08| Comment(2) | TrackBack(0) | R1200GS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
V-Maxがあの値段ですから…デザインが許せばディアベルに行く人多いんじゃないですかねぇ。。
あ、ドゥカティのオネーサンは綺麗でした。バイクはあんまり見ませんでした。
Posted by シロー at 2011年05月16日 22:54
ディアベルは好みが分かれますね。
シャフトドライブに慣れ切った人間なので、
チェーンメンテが課題です(笑)
お姉さんはレベル高かったので、私もバイクより見てたかも(爆)
Posted by はじめ at 2011年05月17日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。