2010年10月05日

K1600GT/K1600GTL発表



インターモトでK1600GT/K1600GTLが発表されました。



6気筒だけあって太いボディ。
エンジンが中途半端に露出し、マフラーエンドも独特の形状です。

立ちゴケしたらエンジンとマフラーが、真っ先に傷つきそうなデザインです。



ノーマルのK1600GTL。
K1600GTとの違いはシート形状とハンドルエンド、K1600のロゴです。



オプションのタンクバック、マフラー、エンジンガード、トップケースを装備したK1600GTL。
カウル車なのにエンジンンガードが必要な奇妙なデザイン(笑)



フルオプションのK1600GT。



ワインレッド(?)のカラーも用意されています。
パニアとトップケースを取っ払うとスッキリした外観になります。



ウィンカーはこの位置に設置されています。



オプションのエンジンガードとフォグランプ。



メーターまわり。
ウィンカースイッチはK1300シリーズと同じく、国産と同じタイプです。
R1200RTに装備されたダイヤル式のオーディオコントローラーもあります。
スピードメーターとタコメーターの中間に、TFT液晶画面が確認できます。



走行写真です。
フロントタイヤに対して、頭でっかちに見えるのは仕方ない所でしょうか?




BMW Motorrad world premier.(公式)http://www.bmw-motorrad.com/com/en/bikes/tour/k1600/k1600.html

BMW K1600GT / K1600GTL!〜その2
http://bmw.jugem.cc/?eid=13514#sequel

BMW K1600GT / K1600GTL!〜その3
http://bmw.jugem.cc/?eid=13515

2010/10/07追記
K1600GTスペックシート
http://www.bikebros.co.jp/eblog/files/20101005224508.pdf

【重量】
 K1600GTは、ガソリン90%の走行可能状態で319kg。(パニア無し)
 K1600GTLは、同様の条件でパニアとトップケース付きで348kgです。

【シート高】
 K1600GTは810〜830mm。
 K1600GTLは750mm。

 K1600GTLのLはLOWバージョンを意味します。
 それぞれオプションでローシートとハイシートが用意されるようです。

【燃料タンク容量】
 K1600GTは24L(リザーブ6.3L)
 K1600GTLは26.5L(リザーブ7.0L)


価格も気になりますが、1kgあたり1万と言われても不思議じゃありません。



○BMW K 1600 GT / K 1600 GTL Unveiled Photo Gallery
http://www.autoevolution.com/news-g-image/bmw-k-1600-gt-k-1600-gtl-unveiled/32850.html#image



posted by はじめ at 23:29| Comment(2) | TrackBack(1) | R1200GS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フルオプションで、LTの後継なんですかね。
時代が違うから当たり前なんだけど、いにしえのHとかKのヌリカベのような巨大なエンジンからすると、エンジン自身は結構小さくなったんじゃないかなぁ。
Posted by チャッキー at 2010年10月06日 08:31
GTLのLはLTではなくて、LOWバージョンを意味するようですね。
オプションで外見だけLTに似せても、バックギヤや電動スタンドは用意されていないようです。

CBXのような並列6気筒は乗ったことはありませんので比較できませんが、
BMWの6気筒はコンパクト&軽量に仕上がったと聞いています。
早く試乗してみたいです。
Posted by はじめ at 2010年10月07日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

K1600GT/GTL発表
Excerpt: インターモトで、K1600GT/GTLが発表になったようです。
Weblog: R1200GS Adventureでツーリングに出かけるでござる。
Tracked: 2010-10-07 12:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。