2009年04月02日

R1200GS純正タンクバックのリペア(修理)計画 その1

080430_1710~01.jpg
R1200GSの純正タンクバックを愛用していますが、ちょっと難ありの製品です。
2008年4月20日に購入して10日後、ファスナーが根元からポッキリ折れました。
さすがBMWクオリティ(苦笑)。

P1000890s.jpg
断面を見ると、支柱(?)はかなり細い事がわかります。
ホントにこれで耐久テストをクリアできたのだろうか?

直ぐに購入したディーラーに修理をお願いしましたが、
ウェア類を含めたアパレルのリペア(修理)は受け付けていないので
修理できないとの回答でした。(←2008年4月時点)

一般的なタンクバックの数倍近い価格なのに、
直ぐに壊れて且つ修理もできない純正品って一体・・・。

P1010127s.jpg
仕方なくロック用の穴に100円ショップで購入した小型の南京錠をつけて、
南京錠を取っ手代わりにして無理やり使用しています。
非常に使い勝手が悪いです。(-_-メ)

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ここまでが2008年の話です。

ここからが2009年の話です。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ところが先日のモーターショーの際に聞いた話によると、
ウェア類でもファスナーがペッキリ折れる事故が頻発しているらしく、
リペア(修理)パーツが出るようです。

まだ購入してから1年経っていないので、製品保証が効くハズ。

・・・ということでリペア(修理)ができるか確認することにしました。

まず購入したディーラーに電話しましたが、店長は御休み。_| ̄|○

仕方ないのでBMWお客様相談室(カスタマー・サポート)へ電話。

驚いた事に4輪だけでなく、2輪用窓口が設置されていました!!
2007年に延長保証(BMW Motorrad Extended Warranty)の件で、
BMWお客様相談室に電話した時は、「バイクは各ディーラーに問い合わせろ
という対応でした。
流石に顧客満足度が低いと思ったのか?

リペア(修理)の話を相談すると、全く把握していない様子。
結局、購入したディーラーへ問い合わせて欲しいとの事。

・・・まぁ、ある程度予想していましたが、BMWJのディーラーへの丸投げ体質は、
変わっていないという事です(-_-;)
(関連部署経由で購入したディーラーに展開してよいか聞かれた)

[お願い事項]
・純正品なのにリペア(修理)もできないのは納得できないので、
 是非修理できるようにして欲しい。

・リペア(修理)できないのならば、購入後1年以内の製品保証期間は
 交換なりの対応をして欲しい。

・ファスナーを丈夫なYKKにして欲しい。

一応お願いしておきましたが、どこまで対応されることやら・・・。
これ以上被害者が出ないことを願います。


[予想回答]
1.新品への無償交換
2.無償でリペア(修理)
3.リペア(修理)拒否
4.回答を保証期間切れまで先延ばしされ、
  「保証期間内なら対応できたのですが・・・」
  と言われる。

皆さん、BMWの対応はどれだと思いますか?


posted by はじめ at 23:53| Comment(3) | TrackBack(0) | R1200GS トラブル履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1か2を望みたいところですね。

BMWクォリティ=高価格で低品質
最近お粗末なことが多すぎです・・・
Posted by りゅ〜♪ at 2009年04月04日 22:54
私も1、2を期待したいと思います。

昨日、R1200GS(中古)デビューをしましたが、
純正タンクバックが付いておりましたので気になるコトです。

また、純正アパレルのクオリティーはどうなんでしょうか?(ラリー・プロスーツが気になっております)
Posted by GS黄レンジャー at 2009年04月05日 21:48
>りゅ〜さん
アパレルだけじゃなくて、バイクのクォリティも
低くなっているのが問題です。
パーツが中国産になってから顕著になりましたね。

>GS黄レンジャーさん
ファスナーがペッキリ折れる事故以外に、
ストリートガード2は変色するそうです。
Posted by はじめ at 2009年04月05日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。