2008年10月19日

国産バッテリー装着への道 〜BMWエマージェンシーサービス体験記13〜

P1020970s.jpg

今回のバッテリー突然死におけるBMWジャパンの対応は、
過去2回突然死した同型のBMW純正バッテリーへの交換のみでした。

現在、BMW純正バッテリーはEXIDE製で製造国は中国。(一部のシリーズで例外あり)
前回のトラブルを起こした物と同じ。

中国製への変更は2008年初め頃からで、突然死の事例は、
はじめが体験した2件を除いて、ディーラーで今年4件発生例あり。
(販売数から考慮すると頻度は多いらしい)

BMWは不良バッテリーの調査をすでに始めているらしいが、
解決策は示されていない。

以下、ディーラーからの説明です。
(転載許可もらえたので掲載します)
中国製に限らず国産品でもあり得るトラブルで、過去ユアサ等でも発生しています。
前回交換した際も同様のトラブルでしたが、バッテリー内部のセル
(電解液をしみこませてある板状のもので内部に6室あります)が
なんらかの問題で端子が内部剥離したものと推測されます。
繋がっているセルのいずれかが不通になったことで電圧がスターター回路を
動かすまで上がらなくなった可能性があります。
この場合、トラブル発生まで全く正常に動作しますので、予見不可能です。
また、走行中に発生した場合、オルタネータからバッテリー&車体へは
電力供給されるため走行継続可能ですし、発電警告も表示しません。
今回のように走行後、再始動不可となった場合には前回の走行時に
バッテリー内部にトラブルが起こったものと考えられます。


つまり端子部分が中国製はプアで、国産に比べて突然死が多いとの事。

[他メーカーの状況]
・フルカワ製はタイ製に切り替え済み。
・ユアサ製のYTX14-BSも、中国製に切り替え済み。
日本製のバッテリーを入手すること自体が難しくなっている。

P1020968s.jpg

初めに記した通り、BMWジャパンの対応は、
過去2回突然死した同型のBMW純正バッテリーへの交換のみ
国産バッテリーへの交換は、ディーラー店長のご厚意です。
(後日BMWジャパンへ請求するそうな)

はじめの方から中国製バッテリーに不満を訴えて、
国産バッテリーへの交換を依頼し、承諾してもらいました。
DA○Zだったら「ご了承下さい」で終わっていただろうなぁ。

普通、2回連続でトラブルがあった同型バッテリーへ交換しただけで、
根本的解決と安心するオーナーは居ないと思いますが?
BMWには顧客満足度という概念がないのだろうか・・・。(-_-メ)

今回取り寄せてもらったのは、たまたま在庫があったフルカワ製の日本製。
定価26,000円相当。
(バッテリー価格は高騰しており、原付タイプでも8,000円する)
個人負担するには厳しい金額です。

因みに、新車同梱または新品在庫のバッテリーには、
希硫酸は注液済みとなっています。

-------ひとりごと-------
「顧客満足」とは対価を支払っている顧客にとっては当たり前のこと、
当然のことで、何も特別すばらしいことではないのです。

そもそも取引とは、企業から提供される商品やサービスに対して、
その価値と等しいと買い手が判断したお金と交換することです。

顧客が満足できなければ、支払った金額に見合う価値を提供していない
ということになり、「契約不履行」「不完全履行」ということになります。

満足度を判断する基準は顧客の中にあるのです。
顧客に満足してもらえるような行動をとり、顧客に感謝され、
自分も仕事にやりがいを感じる。
こういった文化を作り出せるか否かが、企業発展のカギを握っています。
つまり顧客満足は企業の「あり方」そのものです。

私は、ただ「さりげないちょっとした心配り」が欲しいだけです。


この記事へのコメント
はじめさん、こちらでは初めまして。
LYNX ☆さんでたわいもないコメント書いている者です。
内容を拝見させていただきました。
仰る通りあのジェル式MFバッテリーは欠陥品ですね。
私のはネームの通りの旧式モデルで、普通の液入りバッテリーでマレッグ製でしたが当たり前に使っている限りは問題ありませんでした。
昨年限界に達した(6年以上使用)ためにあのMFに変えざるを得なくなり使ってますが今の所は大丈夫です。
トラブルは知り合いからもよく聞いているだけに心配になりますがとりあえず毎日乗ったり信号待ち時にはなるべく2000rpm位に回してチャージ力アップしたり定期的に補充電したりして対策しております。
MFは国産車時代にも手を焼いた経験がありますからあの中国製のものには困りものですね。
BMWジャパンは確かに近年ユーザーに対して対応が悪くなっております。
様々な情報は知り合いのディーラーマンからなるべく得るように常にアンテナの感度を上げております。
対応が悪くなっている最大の原因は近年のフルラインアップ化を加速させているのためで、2輪4輪共に若者のバイク&クルマ離れに対するメーカーの将来への危機感が増し取り込みに暴走しているためです。
私はこの考えは間違っていると思いますし若者のニーズを何でもスーパーモトを求めているとか奇抜なデザインが好まれているとズレた変な錯覚していると思われます。
マーケティングの認識ズレが甚だしくなっていることが将来への焦りから拍車が掛かっているようにしか見られません。
それが如実に製品に現れてフラットツインではバルブ欠けやらミッション粉砕…etcなどこれまででは考えられないトラブルすら起こっておりますね。
近年のBMWはあらゆる製品見てもコストダウンがひどく暴走したラインアップ化とシェア拡大への狂った考えがあらゆる問題を招いています。
すっかりこれまでの哲学を進化させるよりも捨て去って新たな暴走行為に出たとしか私には見えませんね。
このままで行けばいずれは誰からも見放されて塗炭の苦しみを味わうことになると私は断言出来ます。
若者は何故自分らが生まれる前の古いモデルをカッコイいと思いわざわざ中古わ買うのか?今のモデルが魅力ないとそっぽ向くのか?作り手はそこから考えていく必要があります。

独断と偏見で失礼致しました。
今後もよろしくお願いします。
色々と情報交換して参りましょう。
Posted by 菊池(K1100LT) at 2009年06月05日 17:02
菊池(K1100LT)さん、初めまして。
私の知らないBMWの歴史まで教えていただいて
ありがとうございます。
すごく話が合いそうな気がしてきました(笑)
今後とも情報交換をお願いします。
Posted by はじめ at 2009年06月06日 07:51
☆コメントありがとうございました。
このメールアドレスにメールお願いします。☆
Posted by LYNX☆ at 2009年06月06日 08:53
メールさせていただきました。
よろしくお願いします。
Posted by はじめ at 2009年06月06日 11:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。