2012年11月25日

白州蒸留所 有償試飲


白州蒸留所での有償試飲です。

DSC05224s.jpg
●ラフロイグ30年 15ml 2,200円
色はシェリー樽のような琥珀色。
ラフロイグ特有の薬品臭さは全く無くなり年代物のスモーキーなウィスキーの香り。熟成し切った香りにヨード臭。
口に含むとラフロイグ特有の刺激が炸裂する。
やはり年を経てもラフロイグだ(笑)

加水すると香りが飛ぶが、甘味が増し飲みやすくなる。

●響 構成原酒(ミズナラ)15ml 1,200円
ミズナラ樽特有の強いクレゾール臭。
色は琥珀色。
刺激は強く、山崎のミズナラ樽と同等。
加水しても香りは衰えず、勢いもよく飲みやすい。

DSC05226s.jpg
●グレンギリー12年 15ml 200円
ハイランド。
ニューポットに近いフレッシュな刺激臭。
色は薄い黄色。
口に含むとニューポットを飲んだような刺激。
本当に12年物なのか疑う若さを感じる。
加水しても衰えず、加水した方が飲みやすい。

●ザ・バルヴェニー12年 ダブルウッド 15ml 200円
スペサイド。
バーボン樽で熟成後、シェリー樽でフィニッシュ。
花を連想させる香り。。
色は響17年と同じ黄色。
刺激は少ないがピリピリと痺れる感覚。
バーボン樽は好みなのだが、シェリー樽の香りが邪魔。

加水すると香りが飛び、味わいも多少落ちてしまう。

DSC05228s.jpg
●山崎 15ml 100円
強いアルコールの香り。
色は薄い黄色。
刺激はやや弱く感じる。
味は旨みを感じず、トゲトゲしい感じ。
加水しても勢い味共に衰えず飲みやすい。
ストレートよりも割って飲むウィスキー。

●白州 15ml 100円
色はほぼ無色透明。
山崎よりもスモーキーでフルーティーな香り。
刺激は弱く、味も薄く感じる。
加水すると香りは落ち、勢いも弱くなる。ハイボール用のウィスキー。
posted by はじめ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

白州蒸留所 ウイスキー匠の技講座 〜樽熟成の神秘〜

白州蒸留所 ウイスキー匠の技講座 〜樽熟成の神秘〜に参加してきました。

横浜⇔松本を結ぶ特急「はまかいじ」を利用する手段もありましたが、小淵沢着が10:29。
セミナーに間に合うシャトルバスの出発時刻が10:30と乗り換え時間は1分しかありません。
実際、1分間でホームから階段を経由して改札を抜けるのは不可能でした。
最低でも5分は欲しいところです。

DSC05091s.jpg
今回、初めて白州蒸留所の最寄り駅である小淵沢駅と白州蒸留所を結ぶシャトルバスを利用しました。
タクシーだと片道2,500円の交通費が無料になります。
その分、有償試飲の酒代に充てることができるのですよ。ヽ(´ー`)ノ
続きを読む
posted by はじめ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

京都  嵯峨野トロッコ列車&保津川下り

京都へ嵯峨野トロッコ列車に乗りに行きました。

DSC04592s.jpg
混雑を避けるため平日に行ったにも関わらず、立席乗車が出る混雑ぶり。
紅葉ピークの混雑は想像したくもないです。

一応JRで予約しましたが、JP東日本のみどりの窓口では空席照会できても発券できません。
びゅープラザでないと発券できないので注意。


続きを読む
posted by はじめ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

【サントリー山崎蒸留所訪問記】

サントリー山崎蒸留所の訪問記です。
JR山崎駅から徒歩10分程度とアクセスが良い蒸留所です。
7月にメンテナンスのため蒸留を停止します。
白州蒸留所のような見せる演出はありませんが、基本を押さえた見学コースです。

工場見学(要予約)の後に無償試飲があり、別途バーカウンタにて有償試飲があります。
有償試飲では蒸留所だけあってフレッシュな構成原酒が楽しめます。

オススメ度:★★★★

続きを読む
posted by はじめ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 蒸留所訪問記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山崎蒸留所 有償試飲 山崎1984&パッチョン&バーボンバレル

京都観光の筈ですが、何故か山崎蒸留所に来てしまいました…。


DSC05057s.jpg

今回は京都観光がメインなので、有償試飲のみです。
期間限定で、山崎1984山崎パンチョン2012、山崎バーボンバレル2012を試飲できました。

山崎1984 15ml 2,300円
DSC05052s.jpg
 ミズナラ樽。
色はシェリー樽を彷彿させる茶色。
山崎シングルカスク1986よりも濃い茶色。
ミズナラを更に濃縮した上に、バニラ臭を付けた香り。

勢いはそこそこ強く、後からジワジワと
喉からせり上がってくる刺激。
ミズナラ樽よりやや強い刺激。

味は複雑で、渋みもちょうど良い。
ミズナラ樽は苦手ですが許容範囲内。

加水しても香りは変わらず。
多少飲みやすくなった気がする。

山崎シングルカスク1986 15ml 800円
シェリー樽。
シェリーの香りが濃く、シングルカスクらしく勢いが強い。

色は山崎25年より一歩薄いくらい。
試飲した5種類の中で一番色が濃い。
口に含むだけでシェリーの香りが突き抜ける。

中々飲み応えがある1本。
シェリー樽が嫌いな人にはオススメできない。

加水しても香りは変わらずシェリー樽のクセが残り、
シェリー樽が苦手な人には飲みにくい。
飲みきるまで一番時間がかかったウィスキー。

●山崎シングルカスク1995 15ml 200円
DSC05050s.jpg
 パンチョン樽。
フルーティーな香り。
色はミズナラ樽より薄く、バーボン樽と同程度。

勢いは強くパンチが効いている。
チェイサーが必要な刺激。
鋭いナイフのような尖ったウィスキー。
香りと刺激のギャップが激しい。

加水すると香りが飛び抜けて強くなる。
シングルカスクだからか、加水しても勢いは衰えず。
加水してもオススメ。

山崎パンチョン 2012 15ml 300円
DSC05048s.jpg
 パンチョン樽。
フルーティーな香り。微かにシングルカスク1995より香りが強い気がする。

同じパンチョン樽のシングルカスク1995と比べると、非常にまろやかな味。
加水調整され洗練されると、ここまで飲みやすくなるらしい(笑)

加水すると香りが飛び抜けて強くなる。
味もヘタレず更に飲みやすい。
パンチョンは加水もあり。

山崎バーボンバレル 2012 15ml 300円
DSC05053s.jpg
 バーボン樽。
バーボン樽の香りがするものの香りが弱い。
色は薄い琥珀色でパンチョン樽と同程度。
勢いはやや弱いが、スッと入る感じで飲めてしまう。

加水すると香りが飛んでしまう。
飲みやすくなるが勢いも弱くなってしまうのが残念。
好みのバーボン樽なので一番をつけたい。

●山崎構成原酒12年 ミズナラ
DSC05045s.jpg
 ミズナラ樽。
クレゾール臭とも言える刺激臭。
色はバーボン樽と同程度。
あまりにクセが有りすぎて、正直ウィスキーに合う樽とは思えない。

勢いはあり、アクセントとして加える分には面白いかもしれない。
加水すると香りが弱まるが、薬品臭さが緩和されるので飲みやすくなる。

DSC05020s.jpg
響35年が10ml 15,000円で試飲できましたが、さすがに触手が伸びませんでした(笑)
posted by はじめ at 16:46| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。