2011年05月06日

船酔い

110506_1911~01.jpg110506_1224~01.jpg110506_1145~01.jpg110506_1831~01.jpg110506_1737~01.jpg
どんぶらこ〜、どんぶらこ。
四国と紀伊半島の間は凄く揺れました。(>_<)

船酔いには強い方だと自負していましたが、今回の航路の揺れはキツい。
午後はベットに横たわって過ごす。

船内アナウンスでも揺れるので、デッキに出ないよう注意がありました。
それでも夏は、それ程揺れないらしい。

昼飯はうどん420円、夕食は鶏唐揚げ定食850円を食する。
味については可もなく不可もなく普通。

食堂利用者は約15名(沖縄県警は別)で、意外と少ない。

特に夕食は、食券販売開始から1時間近く待たされたため、アナウンスを聞き漏らしたか不安になりました。

食堂に来ない利用者には、早よ来ないと食べさせないぞ位、繰り返しアナウンスで催促されるので、食べ損ねる心配はありません。




圏外

110506_0853~01.jpg
そろそろ九州を離れて北東へ進むため、携帯電波が圏外になります。

和定食(目玉焼き)

110506_0744~01.jpg110506_0713~01.jpg110506_0753~01.jpg
7:15
朝食の食券販売開始。
目当ての洋定食が廃止されてました。orz

その代わり市販のサンドイッチが320円で販売されていました。

サービスが次々と廃止されていくのを目の当たりにすると、沖縄〜東京航路の廃止も時間の問題かもしれません。

結局、和定食(目玉焼き)740円にしました。

値段は高めですが、フェリーの食堂で景色を眺めながら食べる非日常を体験すると思えば安いもんです。

7:45
朝食が出来たとアナウンスがあり食堂へ。

沖縄県警は、先に召し上がってました(笑)

目玉焼き以外にも、焼き魚と佃煮も付いて旨かったです。

7日目まとめ

110506_0722~01.jpg110506_0722~02.jpg110506_0722~03.jpg110505_0909~02.jpg110505_0909~03.jpg
7日目はバイクでの移動距離は6.4Kmでした。

フェリーでの移動距離は、沖縄(那覇)〜奄美大島(名護)327.9Km、奄美大島(名護)〜鹿児島(志布志)394.1Kmの合計722.0Kmでした。

那覇発→有明行きのフェリー、飛龍21で帰路につきます。

沖縄最終日も朝から土砂降りで、フェリーに乗る寸前に雨が上がるという散々たる結果でした。

沖縄をバイクで走る意義を見いだせません。

もう2度とバイクで沖縄本島に来ることはないでしょう。

志布志

110506_0547~01.jpg110506_0552~01.jpg110506_0555~01.jpg110506_0556~01.jpg110506_0609~01.jpg
6:00
志布志港へ到着。

下船は4名と少ない。
逆に乗り込む車の台数は意外と多い。

バイクは4台乗船しましたが、うち1台は無人車で係員が跨がって乗せていました。

やはり東京航路は、旅客よりも貨物の方が需要があると感じます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。