2011年05月04日

6日目まとめ

110504_1842~01.jpg110504_1843~01.jpg110504_1843~02.jpg110504_1857~01.jpg110504_1855~01.jpg
沖縄ラストとなる6日目は、46.1Kmでした。

ひめゆり平和祈念資料館、沖縄県平和祈念資料館、首里城を見学。

やはり内容が濃い展示ばかりなので、1日の大半が見学時間になりましたね。

結局1日中カッパを着ていました(泣)
もう沖縄には来たくない…。

今日の宿は、An庵げすとinnというゲストハウスです。

1泊1,000円の激安宿。
比較的新しく1階が古本屋を併設しています。

隣が空き店舗なので、そこにバイクを駐車でかます。

国際通りまでアーケイドが続きなので、
雨天時でも濡れずに歩いけるのも高評価。
ドミトリー(相部屋)なので、他人のいびきやプライバシーはゼロですが、1,000円なら納得です。


ソーメンちゃんぷるー、ソーキ(豚あばら)

110504_1959~01.jpg110504_2002~01.jpg110504_1933~01.jpg
今日の晩餐は、ソーメンちゃんぷるー500円、オリオンビール350円、古酒35度850円です。

ひらやちー(チヂミみたいなもの)300円が売り切れでしたので、ソーキ(豚あばら)にしました。

ソーキとラフテーの違いは、豚のあばらか三枚肉の違いらしい。
あばら骨まで食べれます。

ソーメンちゃんぷるーは、具がネギと鰹節、海苔だけですが、不思議と美味い。

具無し炒飯でも美味しいものがありますが、そんな感じです。

琉球三味線が鳴る中の食事もオツなもの。

首里城

110504_1645~01.jpg110504_1647~01.jpg110504_1656~01.jpg110504_1709~01.jpg110504_1729~01.jpg
首里城に到着。
復元工事はあらかた終わっていました。
梅雨なので石段が滑る(汗)

石段を登ると本殿があります。
復元城なのに土足禁止だとは思わなかった。
中国文化と日本文化が、微妙に融合しているのが面白い。

最後に首里城限定の三色ソフトクリームを食する。

因みに三色はバニラ、紅いも、マンゴー
です。

マンゴーの味が強すぎて、他の二つが霞む。

沖縄県平和祈念資料館

110504_1337~01.jpg110504_1341~01.jpg
沖縄県平和祈念資料館を見学。
証言映像や犠牲者の死体の写真は、
目を覆いたくなるくらい生々しいものばかり。
現代日本人は恵まれていると痛感します。

沖縄そば

110504_1309~01.jpg
沖縄そば(小)450円を食する。
麺はうどんに近く平麺。
蒲鉾とソーキ、紅生姜。
スープは鰹だし。
ソーキが甘辛いが、紅生姜とよく合う。

ひめゆり平和祈念資料館

110504_1216~01.jpg
ひめゆり平和祈念史料館を見学。
意外な事に建設されてから20年ちょっと。
ひめゆりの塔の前にある壕の真下に位置するので、壕から外を見上げる格好になります。

血と膿と排泄物の悪臭が充満する病院壕、
傷口にわいた蛆虫に苦しむなど
現実的な描写に言葉が詰まります。

オリエンタルホテルの朝食

110504_0847~01.jpg
5日目の宿オリエンタルホテル沖縄の朝食です。

和食と洋食、おにぎりセットから選択できます。

今回は洋食にしてみました。
ベーコン、ソーセージ、目玉焼き、サラダ、牛乳付き。

パンはお代わり可。
珈琲もお代わりでき、味もそれなり。

ゲストハウス程ではありませんが、安宿なので外国客も多い。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。