2010年09月30日

メタボ改善計画の筋トレ127回目 ダイエット[355日目]

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-1.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:66.0kg
体脂肪率:26.0%
BMI:22.1
二回目測定
体重:66.0kg
体脂肪率:21.0%
BMI:22.1
メタボ改善計画の筋トレ127回目です。

続きを読む
posted by はじめ at 23:50| 不調不調| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

【リコール:外-1694】リコール通知

PA028845ss.jpg

リコール通知が到着しました。
作業は2時間程度とのことです。

続きを読む
posted by はじめ at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | R1200GS トラブル履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

メタボ改善計画の筋トレ126回目 ダイエット[352日目]

目標体重:65.0kg
目標までの残り:+0.2kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:64.8kg
体脂肪率:30.0%
BMI:21.7
メタボ改善計画の筋トレ126回目です。


続きを読む
posted by はじめ at 23:34| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8日目まとめ

100926_1156~01.jpg100926_1156~02.jpg
最終日は新潟港→横浜の345.2kmでした。
天候がよかったのでノンビリ走り、所要時間は5時間半くらい。

気温は横浜で28℃。
新潟とは10℃も違いました。

新潟で霧が出ていたのと、対向車線にバイクが多かったのが印象に残りました。

今回も無事故無検挙で、ツーリングを終える事ができました。

とりあえず帰還報告でした。
posted by はじめ at 06:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

赤城高原SA

赤城高原SAでモーニング珈琲を飲みながら休憩中。

気温17℃。

関越トンネルを抜けたら3℃程暖かくなりました。
posted by はじめ at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟港

100926_0519~03.jpg100926_0527~01.jpg100926_0635~01.jpg
6:00
定刻通り新潟港に到着。
あっという間の20時間の船旅でした。

バイクの下船は最後でしたが、タンデムの場合はタンデマーはタラップから徒歩で下船するそうです。

ようやく下船できたのは、6:30過ぎでしたよ。

これより横浜へ帰ります。
posted by はじめ at 06:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8日目まとめ

100925_0907~03.jpg100925_0907~01.jpg100925_0907~02.jpg100925_0918~01.jpg100925_1021~03.jpg
8日目は小樽→小樽フェリーターミナルの2.4Kmでした。

北海道ツーリング最後日にして、過去最短の移動距離です。

自走も憧れますが、フェリーによる船旅もいいものですよ。

新日本海フェリーは、料理に力を入れているのでオススメ。

今回は太平洋側は台風12号の影響で欠航した便も出たので、日本海側のフェリーで助かりました(汗)

やはり予備日を設けた方が得策ですね。
posted by はじめ at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

スイートルーム

100925_1337~01.jpg100925_1338~01.jpg100925_1339~02.jpg100925_1340~01.jpg100925_1613~01.jpg
北海道から帰路につくフェリーは味気ないものです。

そこで奮発してスイートルームを予約しました。

往路はB寝台でしたが、スイートルームは風呂付き、テレビ、DVD、冷蔵庫完備。

冷蔵庫には生茶とミネラルウォーターが用意されていました。

新日本海フェリーのスイートルームには、太平洋フェリーにあったバーカウンターがないのが残念。

プライベートテラスには、机と椅子が用意されており快適。

去年は特等でGPSが受信できませんでしたが、スイートなら無問題。
posted by はじめ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シングルカスク揃い踏み

100925_1916~01.jpg100925_1858~02.jpg100925_1901~01.jpg
グリルで氷を貰って、シングルカスクを味わう。

これをやるためだけにスイートルームを取ったようなものです。

案内所で氷とグラスが欲しいと言ったところ、ロックアイスを売店で買えと温かいお言葉を貰う。

結局、夕食を食べたグリルで、再度氷とグラスを貰えましたよ。

摘みは鮭とばとチーズ。
至高の贅沢です。

揺れている影響か、酔いが早いような。
posted by はじめ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・グリルディナー

100925_1832~01.jpg100925_1844~01.jpg
◎御飯・香の物 たらば蟹御飯・野沢菜浅漬け・赤だし

◎水菓子 旬の果物・牛乳アイスクリーム
>
posted by はじめ at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリルディナー

100925_1802~01.jpg100925_1808~02.jpg100925_1812~01.jpg100925_1817~01.jpg100925_1828~01.jpg
ディナー 新日本海の風5,250円

◎御造り・季節の三点盛り 牡丹海老・北寄貝・湯葉

◎合肴 フォワグラと大根のステーキ
苫小牧産はすかっぷワインソース

◎御椀 キンキの吸い物 季節の柑橘風味
◎焼き物 鮭の杉板焼きと赤井川産ポークの葱味噌焼き、海鮮茶碗蒸し添え

豚と味噌がよくマッチして、酒の肴になる。

きっちり巻かれた鮭の歯ごたえがよい。

写真中央の茶碗蒸しは、旨いのでもう少し量が欲しいところ。

◎揚げ物 北海道産帆立貝とずわい蟹爪の天麩羅

ホタテ、獅子唐、ミョウガ、蟹爪を抹茶塩でいただく。
posted by はじめ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北国初秋の宴

100925_1201~02.jpg100925_1202~01.jpg100925_1207~01.jpg100925_1243~01.jpg100925_1255~01.jpg
新日本海フェリーの40周年記念メニュー「北国初秋の宴」を頼みました。

1.鉢肴
柿釜白酢和え

少しクセのある酸味があるが、酢の物風の柿は面白い。
後から旨味が出てくる。

2.冷錐吸
まさかりカボチャのすり流し
冷製スープ。ダシとカボチャが濃厚。

3.秋の収穫祭
収穫祭をイメージして大葉に盛り付けた皿。
秋の恵みが満載。
銀杏、トウキビ、栗、里芋、枝豆、海老、チキン。

サツマイモでイチョウ葉や楓を象るなど芸が細かい。

稲穂を油で揚げたものは、サクサクして
サッポロクラシックとよく合う。

4.ご飯
イクラ丼、キノコの味噌汁
もうイクラは食べ飽きた。

5.デザート
ありのみ(梨)のシャーベット
梨がみずみずしく、甘い味で美味すぎる。
ランチの割にはボリュームがあり、食べ応えがありました。

実りの秋もいいものです。
posted by はじめ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小樽出港

100925_0933~01.jpg100925_0959~01.jpg100925_1038~01.jpg100925_1036~01.jpg100925_1047~01.jpg
10:30
小樽港から出港。

これから約20時間の船旅です。
宿題があるので、のんびりできませんが・・・。

北海道ツーリングもお終い。
寒かったけれど楽しかったです。

ただ上陸時と現在とでは、気温が10℃も違うのには参りました(苦笑)


posted by はじめ at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

7日目まとめ

100924_2348~01.jpg100924_1145~01.jpg100924_1145~02.jpg100924_2149~02.jpg100924_1832~01.jpg
7日目は、富良野→小樽→余市 南保留太郎商店 →ニッカウヰスキー余市蒸留所→小樽でした。

バイクでの走行距離は180.6km。

気温13℃と、10月中旬〜下旬の気温。

余市港の南保留太郎商店で食べた蟹の燻製は珍味。
苦労して訪問したかいがありました。

余市蒸留所では、例によって原酒をいただく。
年代別より樽毎のクセがよく出ます。

今日の宿は、小樽の安宿として有名な小樽グリーンホテル。
ネット環境なしでよければ、素泊まり3,500円です。

明日は10:30に新日本海フェリーで帰路につきます。
太平洋側のフェリーは、台風12号の影響で欠航しているようですが、
日本海は大丈夫か?
posted by はじめ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

小樽

100924_2047~01.jpg100924_2106~01.jpg100924_2026~01.jpg
夜の小樽を徘徊。

道楽館で紹介された「みよ福」という寿司屋へ行く。

小樽グリーンホテルから一直線に200mほど歩いた場所にあるが、一本奥まった路地にある店なので、ナビ無しで辿り着くのは至難の業。

店内は10席ほどのカウンターがあり、座敷も2卓ある。

店内はほぼ満席。
驚いた事に会話の内容から察すると、観光客ではなく全て常連客。

小樽の寿司屋と言えば、観光客相手のボッタクリ寿司屋ばかりと思っていたので驚きました。

特上1,900円を注文。
アワビやホタテ、ウニやイクラなどありますが、トロが非常に旨かった以外は、期待していたほどではありませんでした・・・。

ただ稚内の寿司屋よりは旨かった(笑)

店内ではアウェイ状態だったので、針のむしろに座っている気分でした。

雰囲気が寿司を不味く感じた原因という気がします。

食後は小樽運河を散策。
平日の夜という事もあり、人はまばら。

気温12℃と寒い小樽でした。
posted by はじめ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宗八鰈の定食

100924_1728~01.jpg100924_1702~01.jpg100924_1703~01.jpg
余市駅からの電車に乗り遅れたため、1時間暇になりました。

暇潰しに柿崎商店へ。

イカ刺しが冷凍物を使用とあったのて、宗八鰈の定食480円を食する。

身がボロボロと崩れやすく、淡白で美味しくない。

久々にハズレでした。
posted by はじめ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

有料試飲

100924_1526~02.jpg100924_1529~02.jpg100924_1529~01.jpg100924_1528~03.jpg100924_1528~01.jpg
有料試飲は竹鶴21年、余市1989、原酒20年(新樽)、原酒25年(バーボン樽)の4種類。
おまけで原酒10年(新樽)をサービスしてもらう。

1.ピュアモルト竹鶴21年 15cc 300円
 最初にある勢いのあとに後味が広がる。


2.シングルモルト余市1989 15cc 700円
 ピートの強さが全面に出るが、鼻から抜ける感覚が堪らない。

 バニラや蜜の香りがするらしいが、あまり感じなかった。


3.原酒10年(新樽)
 新酒の強さを保ちつつ、芳醇さが少し出ている。
 香りはかなり強い。
 10年にしては、パンチが効いてウィスキーらしい。


4.原酒20年(新樽) 15cc 700円
 原酒10年(新樽)を飲んだ後に飲むと、まず最初に強烈な渋みを感じる。
 あまり長期間熟成させない新樽特有の渋みが出て来た感じ。
 新樽は10年くらいの熟成が丁度良いらしい。


5.原酒25年(バーボン樽) 15cc 900円
 バーボン樽の特性?スモーキーさ、お寺の香り。
 原酒10年(新樽)に比べるとまろやかな香り。

 去年飲んだ原酒15年(バーボン樽)が非常に飲みやすく、
 コストパフォーマンスがよかった印象が強かったが、
 25年は少し寝かせ過ぎかもしれない。


余市蒸留所限定のウィスキーには、グレーンが混ぜられていたと知り衝撃を受ける。
posted by はじめ at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニッカウヰスキー余市蒸留所

100924_1433~01.jpg100924_1433~02.jpg100924_1437~02.jpg100924_1455~01.jpg100924_1459~01.jpg
14:30
レンタルサイクルを返却して、
ニッカウヰスキー余市蒸留所に到着。

気温17℃
天気が良くなってきて暑くなってきました。

今回はガイドによる案内は遠慮して、自由見学を選択。

蒸留釜で釜口を開いた状態を見学できたのは収穫。

無料試飲はブレンデッドウィスキーの鶴17年をいただく。

先日いただいた北海道よりも勢いが強いが、まろやかで飲みやすく感じます。

売店でプロセスチーズを購入し、有料試飲へ行ってきます。
posted by はじめ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蟹の燻製

100924_1322~01.jpg100924_1324~01.jpg100924_1328~03.jpg100924_1328~02.jpg100924_1333~01.jpg
余市に到着。
駅でレンタルサイクルを借りて、漕ぐこと20分。

燻製で有名な南保留太郎商店へ到着。

へら蟹 特大500円を食する。
燻製された蟹肉は、味が濃くて旨味が濃縮されて旨い。

問題はすぐ売り切れるので前日までに予約が必要な点と、
持ち帰り不可なので店先で食べる必要があります。

なかなかの珍味でした。


posted by はじめ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 2010年 秋 北海道ツーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。